<< 世界標準の経営理論(第35,36章 pp643-685)  | main | 世界標準の経営理論(第39章, 40章 pp722-763) >>

世界標準の経営理論(第33,34章 pp608-642)

【要約】

 第1部から第4部までは経済学、心理学、社会学などそれぞれのディシプリンに基づいた理論が解説されてきた。しかし、実際のビジネスの世界では現象に焦点があてられる。そこで、第5部では、思考の軸となる経営理論を見つけやすくするためそれぞれの現象に相性の良い理論を整理する。 33章で対象とする領域は戦略。戦略の研究領域は大きく分けて、戦略コンテンツ(競争戦略、企業戦略)と戦略プランニングに分かれて、応用される理論が異なる。競争戦略は経済学ディシプリンSCP理論やRBVが応用されてきた。しかし、環境変化の激しい現代では持続的な競争力に着目してこれらの理論ではなく、認知心理学のダイナミックケイパビリティを応用する見方も台頭してきた。企業戦略ではRBVを含む経済学ディシプリンや取引費用論を内包する社会学ディシプリンなど、さまざまな理論が応用されてきた。一方、戦略プランニングの研究は現在、下火になっている。しかし、もともとは「計画派」と「学習派」といった派閥に分けられ、戦略論として学習されていた。

 このような特徴のある戦略だが、最近では、連続する変化への対応からイノベーション分野との融合が前提となってきている。そのため、心理学ディシプリンのイノベーション理論が重要視されるようになった。実務の世界で考えると、経済学ベースのSCPで戦略をとって得た資金を使って、認知心理学ベースの視点で新たな分野に投資していく、このように複数の競争の型と経営戦略を組み合わせ、そこで事業と資金を循環させる企業がこれからのグローバル社会では生き残っていける。

 33章で対象とする領域は組織行動と人的資源管理(OB&HRM)。これらは理論との関係においてユニークな点を3点ほど持つ。[琉茲細かい、多くの分野に分化されている。現象分野ごとに独自の理論があることが多い。M論がミクロ心理学に集中している。このような特徴を持つOB&HRMは個人、チーム、組織の三階層に分けることができる。また、階層ごとに様々な理論が応用されているが、全体的にミクロ心理学の理論が特に使われている。

 しかし、筆者はそんなOB&HRMが今後大きな転換を迎えるはずと予想していて、特に、HRM(人事)が変わると述べている。ここでは、.ぅ離戞璽轡腑麝論との融合▲咼奪データとAIの浸透7从儚悗箸僚伝慍臭ぜ匆餝悗箸僚伝慍臭ゥ潺ロ心理学理論の質的の五つが挙げられている。これはつまり、従来はミクロ心理学中心だったHRM部門において、マクロ心理学ディシプリン、経済学ディシプリン、社会学ディシプリンのあらゆる理論を応用する未来が来るということである。

 

【ディスカッション】

 本章において、筆者は、「経済学ベースのSCPで戦略をとって得た資金を使って、認知心理学ベースの視点で新たな分野に投資していく、このように複数の競争の型と経営戦略を組み合わせ、そこで事業と資金を循環させる企業がこれからのグローバル社会では生き残っていける。」と主張していた。しかし、そこには、すでに企業の事業活動がSCPによって持続的な競争力を獲得している前提があった。そこで、私たちは、まだ持続的な競争力を獲得できていない企業を前提に置いたときには、SCPで資金を増やすのが先か、今ある資金で新規事業を行うのが先かを議論することにした。

 今回話し合う上では、例として国内市場6位のシェアを誇る自動車会社を設定し、そこの社長という立場で、どのような事業に力を入れていくのかについかを話し合った。また、現在取り組んでいるのが、電気自動車やガソリン車、AI技術であり、企業の現状のタイプは市場の型はチェンバレン型で戦略はRBVを基本にしているというのを設定。その他、1〜5位企業の動きについても設定した。また、共通認識のもと話し合うためにも、既存事業を行う場合は今持っているリソースを生かして海外シェアを獲得しに行く。新規事業の場合は完全自動運転やMaasを行うということで設定した。

 実際に議論をしていく中で最初は、新規事業を行うのがいいという意見が多かった。その理由としては、現在6位ということで新規事業を行うための資金もあり、それならば、先発者優位の獲得を目指した方がいいという意見のためである。しかし、中には法律などの強制的圧力を懸念して、先発者ではコストがかかりすぎてしまうといった理由や、後発者優位を考える理由での反対意見もあった。ここから議論は、既存事業に力を入れる意見が多くなった。理由としては、やはり新規事業をやってもうまくいくのかどうかわからず、今あるリソースを生かして既存事業に力を入れて海外のシェアを取りに行く方が、確実性が高いという意見が多かった。やはり、みんなの中で新規事業をやる際には不確実性が高いのが、大きな懸念点となっていた。そこで、後半からは議論のテーマを変え、新規事業を行う際に不確実性を少しでも減らすためにはどうしたらいいのかを話し合った。その中で出た意見としては、本書で学んだオプション理論を活用して失敗したときのリスクを減らしたうえで取り組み、とにかくサイクルを回していくという意見や、強制的圧力に対抗するために、非市場戦略に取り組むという意見があった。

【まとめ】

 今回の議論では、結果的に不確実性の問題から既存事業を進めていくという結論に収束した。この結論はテキストで書いてあるものと一致しており、やはりテキストのようにまずは既存事業に取り組み、資金を獲得した方がいいという意見に至った。しかし、それだけでは終わらせず、新規事業を少しでもやりやすくするための意見を出すことによって、少しでも学びを生かせるようにした。しかし、今回の議論では既存事業で海外進出をすればシェアが取れるという暗黙の認識があり、もっと具体的に考えるためにも自社のもつリソースで本当に戦えるのか、海外の外部環境はどのようになっているのかをもっと考える必要性があった。また、新規事業を行うにしても本当に6位の資金力でやっていけるのかという問題があり、現実的に考えたときにはかなり厳しい。したがって、今回の議論の中では出なかったが、自社だけで本当に行うのか、アライアンスの可能性や事業売却の可能性なども考えられた。本章は今まで学んできた理論を実際に実務に生かすというのがテーマとしてあった。そのため、このような今までの知識を生かせる議論を設定した。結果として、その狙いに沿った意見なども出ており、インプットした知識をアウトプットする場として少しは力になったと考える。

やざわ(4年)


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM