<< 世界標準の経営理論(第5, 6章 p.95〜132) | main | 世界標準の経営理論(第7,8章 p.133〜166) >>

世界標準の経営理論 (第3,4章 p.66〜94)

【要約】
 本章では、RBV理論の解説をしている。RBVは、「各企業の経営資源は異なる」「各企業の経営資源は企業間を移動しない」という前提のもと、企業リソースに〃从儔礎諭↓稀少性、L亙鏈て饑(蓄積経緯の独自性、因果曖昧性、社会的複雑性)があり、ぢ綢悗困難なとき、その企業は持続的な競争優位を実現できる、という理論だ。

 しかし、RBVには課題もある。命題が同義反復になっている点と、アウトプット側を無視しすぎている点である。また、SCPとは異なり、RBVはフレームワークが貧弱である。

 第1章〜第3章を踏まえると、「SCPとRBVのどちらが重要なのか?」という疑問が生まれる。この疑問には既に2点の決着がついており、「両方とも重要」という決着と、「そもそも競争の型が異なる」という決着である。そして、私たちは競争環境を見分けるため、「鷹の目」が必要となる。

【ディスカッション】
 本章では、RBVはメッセージ性が弱いとされている。なぜなら、RBVは「リソースの価値を高めるにはどうすべきか」「リソースを模倣困難にするにはどうすべきか」といった踏み込みが弱いからだ。しかし、本書の著者によると、処方箋のあるRBV関連のフレームワークが1つあるという。それがアクティビティ・システムだ。アクティビティ・システムには、「ライバルからの模倣を困難にするには、複雑で一貫性のあるアクティビティ・システムを築くべき」という明快なメッセージがある。そこで、架空のアパレル企業A社を設定し、この企業の一貫性・複雑性を高めるためにはどのような行動(アクティビティ)をすべきか、というディスカッションを行った。

 このディスカッションを考える視点としては戦略を考えるA社の社員であり、競争環境は現実のアパレル業界と同様である。なお、A社の現状としては、|羮企業、SPA、従業員:150人、づ絞淇堯10店舗(国内の一部地域に集中)、ス場数:1工場、事業開始後1年、Шまではメンズからレディース、子供服などを幅広く手掛けており、ブランドイメージが定まっていない、┷8紊諒針として、若年層に特化したプチプラを軸にコスト削減と販売量増加を目指すことが決定している、という8点を設定した。

 このディスカッションで出たゼミ生の意見としては、主に2点の方向があった。まず1点目の方向としては、販売量増加のためにはターゲットである若年層に効果的なアプローチをする必要があり、そのためにインターネットを駆使するという内容の意見だ。具体的には、SNSなどのインターネット広告、ECサイトの創設、ホームページの拡充等である。インターネット広告を複数種類用意してクリック数との関係を検証したり、ECサイトでの購買データを分析することで、顧客ニーズの把握につながるという意見も複数あった。そして2点目の方向としては、把握した顧客ニーズを、A社がSPAであることに活かすという内容の意見だ。具体的には、使用する原材料(布)を厳選して種類を減らし、コスト削減を図るという内容や、即座に服のデザインに顧客ニーズを取り入れ、販売量増加を図るという内容である。

 これらの意見を踏まえると、A社は若年層というターゲットのニーズを把握するアクティビティを行うことや、把握したニーズを即座に製造工程等に活かすアクティビティを行うべきだという結論に至った。

 今回のディスカッションで、実際の企業行動をアクティビティ・システムに当てはめてそれぞれの関連性を検討したことにより、企業のアクティビティの一貫性や複雑性といったものが具体性を持って理解することができたのではないだろうか。また、就職活動で企業分析を行う際の一つの手段として、アクティビティ・システムを使用した企業行動の整理・分析も役立つのではないかと考える。

たかはし(3年)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM