<< 起業の科学 Chapter3-1 | main |

起業の科学 Chapter3-2・Chapter3-3

【要約】 
 本章では、UXブループリントをもとにプロダクトやサービスのプロトタイプを作成の仕方について主に記している。
 
 まず、プロトタイプの利点として、々發ぅ譽戰襪妊廛蹈瀬ト像の認識一致▲スタマーの潜在ニーズがつかめるB人佑淵僖拭璽鵑鮓‐擇任るぅ瓮鵐弌爾離皀船戞璽轡腑鵑向上する、といったことが挙げられる。そして、スタートアップが最初に作るのはペーパープロトで十分である。プロダクトの再現性は低くても、圧倒的に作成スピードが速いから有効である。ペーパープロト作成のポイントとして、プロト案をベースに複数作ってみる、スピード感と精度のバランスを保つ、メンバー全員で共有しながら作る、ということが重要である。
その際の留意点として、最低限のUI/UXデザインの原則に沿って、設計し、カスタマーがプロダクトのUXに期待するメンタルモデルを想定し、カスタマーにプロダクトの使い方を学ぶことを強制しない、市場で既に受け入れられているプロダクトのUXを調べることが大切である。そして、ペーパープロトでストーリーの候補が固まってきたら各種ツールを使ったプロト(ツールプロト)を用意する。ツールプロト作成のポイントとして、直感的に使用でき、使いやすいか、デザインに一貫性があるか、機能の優先順位は明確か、可逆性は担保されているかが挙げられる。その際、作る人と顧客の声を聞く人が同じであれば失敗を防ぐことにつながるため、初期のスタートアップが役割分担に厳密な境界線を設けてはいけない。

 快適度を調査するためにユーザーに操作してもらいながらプロダクトインタビューを行う。インタビュー結果を受け、プロトタイプカンバンボードの「バックログフィーチャー」に追加し、検討課題にしていく。Problem Solution Fit終了の条件となる質問として、顧客がそのソリューションを利用する理由を明確に言語化できるか?・ソリューション仮説の磨きこみを通じてカスタマーが持つ課題の理解がさらに深まったか?・その課題を解決できる必要最小限の機能を持つソリューションの洗い出しができているか?・一時的UX、予期的UX、エピソード的UX、累積的UXを含めたカスタマーが期待できること全体を把握できているか?という質問が挙げられる。そして、デザインスプリントメソッドとは、ソリューション仮説のプロセスを、より高速に実践する開発メソッドを行うことも重要である。

本書のコラムとして、共同創業するチームを作り方を紹介している。ProgramSolutionFitの段階になるとある程度工数のかかる仕事が出てくる。その際、メンバー同士で役割分担をすること、一人一人のコミットメントの強さを見極めることが大切になる。また、知能レベルが最高でなくても最大限粘り強さを発揮して努力する人・頑固さと柔軟さをバランスよく持っている人・つらいときにお互いを支えあうことが出来る人・共闘できる励ましあえる人と共同す行することが理想的である。また、理想的な創業チームの役割として、・ハッカー(開発者)・ハスラー(敏腕な仕事人)・ヒップスター(流行に敏感な人) ・ストラテジスト(戦略家)・ビジョナリーの組み合わせが大切である。1人2人役をこなしても構わない。上記の役割をこなせるメンバーが共同メンバーにいることが大切である。メンバー全員がカスタマーとの会話に集中し、それぞれのスキルを活用することが大切。専門分野を持ちつつも2.3役出来るゼネラリストとして働くことが大切。メンバーの平均人数を減らして各自が幅広い仕事をやると、カスタマーの反応から技術課題まで多くのことを学ぶことが出来る。そして、ビジョンは同質で、スキルは異質な人を選ぶことで、お互いの弱みを補完しながら、同じ方向に進むのが最も効率が良い方向に進むことができる。

【ディスカッション】

本書p177より、1人2役などゼネラリストとして働き、共同創業メンバーの平均人数を減らして各自が幅広い仕事を手掛けることが重要とあるが、なぜ実際成功しているスタートアップの企業は、役割の数を多く上回るメンバー数(7.5人)になってしまっているのか?(※stinchcombe(1965)は、共同創業者5人以上は避けるべきと述べている)

まず、平均人数が多くなっている、大人数でも成功できている要因を挙げてもらった。資金にこだわるメンバーが少ない・資金の制約がない・成功要因に人数は関係ない、といった資金面をうまく補えていたから大人数でも成功している意見が多く挙がった。そこで、資金面で困らない状況が整っていれば、中野ゼミナール生が共同創業チームを組む際、大人数を選ぶのか、それとも筆者が述べているように2.3名程度の少人数を選ぶのかディスカッションしてみた。結果的に少人数のチームを選ぶ人が多かった。その理由として、業務分担に時間を書ける必要が無い・コミュニケーションが密にできる・意見のすりあわせがし易くピボットし易い・意思決定に時間がかからないといった意見が出た。一方、大人数派の意見として、多様な切り口から意見が出る・一人ひとりの業務に集中できる・競争意識が生まれるといった意見が生まれた。

結論として時間的制約があるスタートアップでは、資金に関係なく、少人数の共同チームで、効率やコミュニケーションを密にとってチームとして1つになることが重要だとわかった。ディスカッションの課題として、前提条件(資金配分の詳細・大人数の定義)がフロア側でしっかりとできていなく議論が停滞してしまったことが挙げられる。


ほそだ(4年)






calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM