<< 原因を推論する 第5章 共変関係を探る | main | 原因を推論する 第7章 他の変数の統制 >>

原因を推論する 第8章 分析の単位、選択のバイアス、観察のユニバース

因果関係を推論する上では分析の単位、選択のバイアス、観察のユニバースを慎重に検討することが重要である。この選択を間違えてしまうと対象にバイアスが生じてしまったり、他の変数を統制できなかったりして、正しく因果関係を推論できない可能性があるからだ。このように正しい因果関係を導き出すためには、数ある共変関係の中から1つの因果関係を見つけなければならない。この共変関係が、バイアスがなく、他の変数も統制され、時代やコンテクストも適しているものかを検討する方法が本書では書かれているのだ。

 このように数ある共変関係は確かに数多く存在する。しかし、第5章で詳しく述べられていた通り、共変関係を確認するのも非常に大変なのである。この共変関係は因果関係が確認されたら無価値になってしまうのか。今まで共変関係について様々な議論がされてきたが、この共変関係というものの価値をゼミ生一人一人はどのように考えているのかを今回のディスカッションテーマとした。

 今回のディスカッションは、価値を問うという難しいものに設定してしまったが故に議論が錯綜してしまった。様々な前提をしっかりと決めるのがベストではあるが、共変関係の価値の指標は人によって違うのではないか、前提を決めると意見が偏ってしまうのではないかと考え、あえてぼんやりとしたテーマにした。意見としては、共変関係の最大の価値は、その因果関係はこの共変関係とは関係ないということが発見されたことであるというものだった。そもそもの目的は、因果関係を推論することである為、この意見に納得する人は多かった。では、因果関係が確認された時点で共変関係の価値は消失してしまうのだろうか。これは意見が2つに割れた。1つ目は、因果関係は確認されなかったかもしれないが世の中は全て因果関係で成り立っているわけではなく、共変関係も様々な場面で使うことができ、価値はあるという意見。一方で、因果関係に成り立たないような共変関係はそこら中に溢れており、使い道が無いため価値はないのではないかという意見もあった。ここでは、使い道という定義をしっかりしなかった為に議論のレイヤーがずれてしまった。また、価値ある派の意見の中でも根拠や信頼性は薄い為、口には出せるが文字には残せないなど、価値の度合いが人それぞれ違うことがうかがえた。

 共変価値の価値は一人一人違うため、決して1つに決められるものではない。また、価値判断というディスカッションにはそぐわない題材を持ってきてしまったが故に、うまく議論は進まなかった。しかし、どのようなデータを使うのか、どの情報を信じ使うのか、今回のディスカッションを経てより情報の信憑性に敏感になったという上では、少しは意味のあるものになったのではないだろうか。

さわだ(3年)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM