<< 原因を推論する 第3章 観察、説明、理論 | main | 原因を推論する 第5章 共変関係を探る >>

原因を推論する 第6章 原因の時間的先行

 本章P117では、優良企業を説明する際に集めたデータの大半は雑誌や新聞や企業の刊行物からなりもので、ハロー効果で歪められているおそれがある。また、経営者にインタビューをしてもハロー効果に影響されやすい、という。そこで、私たちはチーム研究でインタビューを行う際に、どうすればハロー効果の影響を回避できるかをディスカッションのテーマにした。これだけでは議論がしにくいと考えたので、三つの前提を提示した。一つ目は、インタビューに行く私たちはハロー効果の影響を受けていること。二つ目は、ここでの企業とは○○業界の中で1位のような企業であること。三つ目は、ここでのハロー効果を回避とは、効果を弱めるという意味であること。四つ目は、このディスカッションの目的としてインタビューは、優良企業であるかを明らかにする話しではない。どのようなインタビュー方法をするか、準備をすればハロー効果を回避できるかである。これらを踏まえて議論を行った。
 
 はじめに意見があまりでなかったので、こちらからインタビューに一回だけでなく、複数回行くことを提案した。なぜなら、私たちはハロー効果にかかっているので、一回のインタビューでは経営者からの話しを鵜吞みにしてしまいがちと考えたからである。それに対してフロアからの複数回インタビューを行っても、ハロー効果を受けているから意味がないのではないか、という意見が出た。それに対して、常にインタビュー相手に対して疑問を抱くという意見がでた。複数回行くだけならハロー効果を受けてしまうだけかもしれないが、その都度疑問を抱けば、ハロー効果を回避することができると考えるからである。

 次に、その企業にインタビューするのではなく、同じ業界の2、3位に聞いてみるという意見がでた。その企業に聞くよりは客観的に意見を聞くことができるので、回避することができると考えるからである。回避するという点で、他社に聞くのではなく経営者のトップじゃない人に聞くという意見もでた。例えばトップがいない時に、同じ質問を社員にしたら違う意見が出てくるかもしれないからである。しかし、その企業自体にハロー効果がかかっているので、社員だからといって回避することは難しいという反対意見もあった。

 他の意見として有価証券報告書を事前に見ておき、自分たちで推測したりするという意見があった。これを行うことで自分たちの中で何が本当なのかを考えることができ、すべて鵜吞みにすることはなくなるからである。他にも企業についての情報を集めて年表を作ってみるという意見もでた。事前にその企業について理解しておけば話しを鵜吞みにすることなくなるからである。この意見に付随して、成功の要因を聞くだけでなく、うまくいかない点があったそこも聞いてみる、というのもでた。あえて同じ業界でうまくいっていないところにインタビューし、なぜ対象の企業がうまくいってるかを考察すれば回避できるという意見もあった。
 
 以上のようにハロー効果を弱めるために様々な意見が出て議論を行った。議論を通してハロー効果を回避するためには、インタビュー前の準備が大事である。その企業に対して、何をやっていたか、現在何をしているか、創業から現在までの事実を知ることがハロー効果を回避することにつながると考える。この議論は今後のインタビューだけでなく、卒論や就職活動にまでつながると考え、今後に役立てたい。

よしかわ(3年)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM