<< 5月12日『<インターネット>の次に来るもの―未来を決める12の法則』 第2章 COGNIFYING | main | 6月2日『<インターネット>の次に来るもの―未来を決める12の法則』 第4章 SCREENING >>

5月26日『<インターネット>の次に来るもの―未来を決める12の法則』 第3章 FLOWING

<要約>
 インターネットにおける「コピー」とは、情報の流れである。それは言葉のコピーのみならず、音楽や映画や本などさまざまなものに当てはまる。インターネットに触れているものはコピーできるものはすべて容易にコピーすることができる。そして誰かしらにコピーされ、歯止めが利かなくなっている。コピーとは不可避なものなのである。こうしたコピーが世に蔓延ってしまっている現在、私達が実際に手に触れられるような物理的な品々から、手に触れることのできないコピーのようなものへと流れに変化が生じている。このような流れになったのは、コンピューター化の三段階層があったためである。まず、第一の時代として「デスクトップ」・「フォルダー」・「ファイル」など、オフィスのものをそのまま模倣して作られた。第二の時代としては、オフィスの模倣からウェブへと変化したことである。「ファイル」から「ページ」となり、「フォルダー」ではなく「ウェブ」、「デスクトップ」ではなく「ブラウザ」となった。このようにコンピューターは進化してきているが、いまでは更に新たなものへと移行しつつある。現在は流れとストリーミングとクラウドである。このような時代の流れによって、私達人間はものごとをすぐに知りたくなっていった。リアルタイムを求めるようになったのである。何事にも同時性を要求するようになったのである。
 
 このような流れによって今ある様々なものが淘汰されていく。音楽、文章、絵、映像、ゲーム、ウェブサイトなどこれらすべてが無料でコピーされていくことで、売れなくなってしまう。この状況を回避するためには、コピーできないモノを売る必要がある。例として、ブランドなどである。ブランドは無料のものと同質のものでありながら、消費者はお金を払う。このようなに無料でに入るものにお金をかけたがる理由として「生成的な価値」というものがあり、生成的な価値には「無料より良い」と感じることのできる八つの要素がある。それは、即時性・パーソナライズ・解釈・信頼性・アクセス可能性・実体化・支援者・発見可能性といった八つである。

 しかし、固定のものがなくなるわけではない。固定的な優れたものはチップが埋め込まれてデジタルの性質を獲得する。こうした液化した流れがつぎつぎと花が開いて、引き算というより足し算の現象になる。固定から流動の変化は、変化することで選択肢が増えていく。<流れること>を最大にするために、プロの作品であろうが、ただ消費するのでなく、リアクションを起こすことが当たり前の返信のやり方になる。まだ液化してない日常の仕事やインフラはいずれ液化し、流動化する。非物質化と脱成熟化へ向かう巨大な傾向が意味するのは、さらなる流れは不可避になる。

<ディスカッション>
 本書より「人々は無料でも手に入るものになぜお金を払うのか」とあるが、第一段階として、実際に無料でも手に入るのにお金を払うモノは何かを挙げてもらった。その後、なぜそのモノにお金を出して買うのか理由を挙げてもらった。第二段階として、挙げてもらった理由の中から筆者が文中で挙げていた「8つの生成的なもの」のどの項目にあてはまるかをみんなで検討してもらった。そして、自分たちが挙げたモノの中ではどの項目が「無料でも手に入るものになぜお金を払う」ことに大きな影響を与えているのか検討してもらった。第四段階として、もし第二段階で「八つの生成的なもの」にあてはまらない理由が存在した場合、それにはどのような特徴が挙げられるのか新たに考えてもらった。

❶ 無料でも手に入るのにお金を払うモノとお金を払ってしまう理由 ❷「8つの生成的なもの」のどの項目にあてはまるか
・lineのスタンプ ずっと自分のものになるから  ´↓
・オンラインニュース 自分に合った内容 
・アプリの課金 ゲームをより楽しむ ´
・家具の組立委託 専門の人にやってもらった方が安心できるから 
・旅行代理店 自分ではできなく、面倒くさいから ´
・スポーツ観戦  その場の雰囲気が特別なものだから ↓
・DVDレンタル 早く見たいから    ,覆

*「8つの生成的なもの」
‖┿性 ▲僉璽愁淵薀ぅ此´2鮗瓠´た頼性 ゥ▲セス可能性 実体化 Щ抉膽圈´発見可能性

❸ どの項目が「無料でも手に入るものになぜお金を払う」ことに大きな影響を与えているのか
 挙げてもらった理由の中で、一番大きな影響を与えているのは、▲僉璽愁淵薀ぅ困任△襪海箸分かった。やはり、自分中心で、自分にとって使いやすいモノには無料でもお金をだしてしまうという意見が出た。

❹ 「八つの生成的なもの」以外の新たな項目
  私たちが挙げたモノで多くは「質が良い」「利便性がよい」があるためにお金を出している、といった意見も多く挙げられていた。そのため、「無料でも手に入るものになぜお金を払う」理由の「八つの生成的なもの」の8つの項目以外にも新たに「質」「利便性」という項目も追加してもよいのではといった提案も出てきた

・ディスカッションの課題
本書の固定から流動化へ移行しているところから離れた例が出ていたので、しっかり本文に沿うようなモノ(流動化へ変化しつつあるモノ)にしっかり定めていれば、もっと質の良い議論ができたのではないか。

ほそだ(3年)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM