<< 日本自動車メーカーの将来に向けて | main | シェフ型ビジネスにおける社内ベンチャーの有効性 >>

現在の教育現場にロボットは必要か

 最近、企業の受付で人型ロボットのペッパーを見かけることが多々ある。斉藤(2016)によると、2015年6月にソフトバンクグループから誕生したペッパーは、感情認識ロボットである。収集したデータにより自律的学習を行い、声や表情に反応して、自身の感情や対応を変えることができる。そしてこの感情は胸にあるパネルに色で表示される。これまでもiPhoneやiPadに対応していたが、2016年5月には米グーグルと組んで「アンドロイド」に対応させると発表した。これにより、iPhoneだけでなくアンドロイド向けのアプリがペッパーでも使えたり、個人や企業によるアプリの提供を促すことができるようになった。この結果アプリが増加し、ペッパーのできる可能性が広がるので、より人間に身近な存在になると期待されている。

 そんなペッパーの活用として、2016年3月に豪州のクイーンズランド州政府と了解覚書を締結した。これによりクイーンズランド州の小学校など教育の現場にペッパーを導入することなどが想定されている。つまり教育現場にロボットが進出してきているのである。

 教育現場には大きく2つの問題点があると私は考える。1つ目は集団教育についてである。集団教育のデメリットについて、文部科学省(2016)は教師が生徒の学習・行動把握することの難しさを指摘している。学習把握について私の経験では、勉強に追いついていけず分からないままの状態が続き、テストをカンニングすることによって理解度をごまかす生徒が周りにいた。また行動把握については、先生が問題のある子に関して構い過ぎてしまい、それ以外の子に目が届かず、不登校の生徒を生み出してしまった。教師からは、生徒の理解度のばらつきが大きいのでどの層を中心に教えれば良いのか分からないといった声や、子供1人に使える時間が少ないので、生徒の家での様子など把握できないという声もある。このように教師が学習把握や行動把握の難しい状況が続いては、文部科学省の期待する教育の質の向上は出来ないのではないだろうか。2つ目は人件費についての問題である。学校法人が経営破綻に陥る原因として、学校法人活性化・再生研究会(2007)は、経営費用が多く掛かってしまうことを挙げている。経営費用の中で大きな比率を占めているのは人件費である。まず精神疾患による休職者は、文部科学省のデータによると年々増加傾向にある。要因として、生徒指導の際に生徒が話を聞かない、またその指導に関して保護者が苦情を言うといった生徒と保護者の多様化が一番に挙げられている。これにより教師の負担が増加し、場合によっては精神疾患になってしまうというのだ。教師の中でも高齢になるほど休職者の人数の割合は多い(文部科学省,2014)。給料が高い高齢の教師が精神疾患になることによって、休業せざるを得ない状況にある高給教師への費用負担と、代替の新任教師を探さなければならない費用の二重負担が生まれてしまう。これでは人件費を削減することは出来ない。

 ではロボットが教育現場に進出すればこの2つの問題は解決できるのだろうか。例えばペッパーで解決することを考えてみたい。

 まず1つ目の集団教育についてである。学習把握については、ペッパーがインターネットとつながっているため、人間よりも多くの情報を収集し、その妥当性を高めながら教えることができる。また生徒が分からなかった問題を人工知能で把握し分析することによって、生徒個々に合った課題の作成をすることができる。行動把握については、感情認識の機能がついているため、生徒の表情によって理解度や日々の態度の変化についても把握することができると考えられる。2つ目については、ペッパーを導入することで人件費を削減することができる。ペッパーの本体価格が約20万円。メンテナンス費用が年に30万円で、通信費用などが年に約50万円。合計で年に100万円である。一方高校教師の年収は約706万円で、ペッパーを7体購入できるのだ。

 これらのことより、私はペッパーの教育現場への進出を推奨したい。しかし、教師の行うこと全てをペッパーで代替することは出来ないと考える。その理由は3つある。1つ目は、ペッパーはその場の表情や行動から感情認識するため、因果関係などを理解できないからである。人間は物事の因果関係などを理解して感情を認識する。しかし、ペッパーはその時の情報しか分からないため、感情認識の方法が一方的である。実際にペッパーが感情認識を行う際には、「相手によって千差万別、定量化やパターン化が十分にはなされていない。たくさん会話をして、相手が笑ったり怒ったり落ち込んだりするのを認識・分析する」(神崎,2015)。つまり、初対面の人に対して反応したり、急に感情が変わることに対応したりすることができない。これは人間にある洞察力と傾聴力が不足しているということだ。2つ目は、即時対応ができないからである。実際に新宿のSoftBankでペッパーと会話をしてみたところ、プログラミングされているような内容には対応できるが、子供の「抱きついてほしい」という要望には答えられなかった。また、私が話しかけても返事が返ってくるのに時間が掛かってしまった。つまり、急な行動の変化に現在のペッパーの情報処理能力では対応できないのである。3つ目は、同時認識に限界があるからである。ペッパーが同時に認識可能な人数は10人程度である。そのため、集団教育で1クラス40人程度の場合、ペッパー1体が全員を同時に認識することは不可能だ。以上よりペッパーが教育全部を担当するというのは難しいことと私は考える。

 それではどのようにペッパーを教育現場で利用するのが良いのだろうか。私は、教科担当補助としての利用が望ましいと考える。なぜならば、ペッパーは学習の多様性に対応できるからである。例えば数学の因数分解で考えてみよう。因数分解は公式が多く、また解き方も多様である。そのため現状の集団教育では生徒1人1人の理解度に対応できないため、途中で分からなくなってしまう生徒と分かる生徒の理解度の差が広がる。しかし、ペッパーは人工知能により生徒が以前解いた問題から間違えの傾向を割り出すことができるし、生徒個人の苦手を認識できる。したがって生徒1人1人に解き方についてのヒントを提示することができる。このように学習把握をペッパーに行わせることによって、問題のある子に対して教師がかけられる時間が多くなり、行動把握を行えるようになる。しかも、人件費を考えてもペッパーが三体いた方が教師を1人雇うよりも安価である。これによって現状で行えていなかった教育の質の向上につながるのではないだろうか。

 現在の集団教育が行われている状況では、保護者と生徒の多様化により教師の負担が大きく、教育の質の向上を求めることは難しい。しかし、ロボットを導入すれば、即時に情報収集を行ったり、生徒1人1人の理解度を把握したりして対応することができる。その分人間は、ロボットが対応できない人間関係の構築や心情の問題に対応する時間を確保できる。このように両者が得意なことを行い、教育現場で助け合っていけばお互いに足りない部分を補完することができるようになる。つまり教育現場にロボットは必要なのである。

【参考文献】
神崎洋治(2015) 「Pepperの衝撃!パーソナルロボットが変える社会とビジネス」http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20150604/1065043/ 2017年1月15日閲覧.
厚生労働省(2014)「賃金構造基本統計調査」
http://www.estat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_xlsDownload_&fileId=000006448772&releaseCount=4 2016年7月11日閲覧.
文部科学省(2012)「病気休職者の学校種別・年代別・性別・職種別(教員職員)」『平成24年度公立学校教職員の人事行政状況調査について』http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2013/12/18/1342544_04_1.pdf
文部科学省 (2011)「高校教員の勤務実態」『調査(高等学校)報告書 教員勤務実態調査 (高等学校) 報告書 教員勤務実態調査(高等学校)報告書 』http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/07/05/1308071_2.pdf 2016年7月18日閲覧.
文部科学省(2010)「資料14 病気休職者数等の推移(平成13年度〜平成22年度)」『平成22年度 教育職員に係る懲戒処分等の状況について』http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/12/22/1314343_14.pdf 2016年12月22日閲覧.
日本私立学校振興・共済事業団 学校法人活性化・再生研究会(2007)「私立学校の経営革新と経営困難への対応」 http://www.shigaku.go.jp/s_center_saisei.pdf 2016年9月4日閲覧.
SoftBank 「ペッパー基本料金」http://www.softbank.jp/robot/consumer/price/ 2016年7月11日閲覧.
SoftBank「ペッパーの感情」http://www.softbank.jp/robot/consumer/products/emotion/ 2016年06月13日閲覧.
斉藤美保(2016)「脱ガラパゴスへ、海を渡るペッパー」『日経ビジネス』1843,16.

おの(2年)